振袖

着物ブログ

人気の訪問着レンタル、何に気を付ければ大丈夫

訪問着は華やかで、既婚・未婚に関係なく着られる便利な着物です。結婚披露宴やお子様の様々な式典でも着られるフォーマルな装いとなります。 最近人気なのが、レンタルです。着物だけでなく、帯や帯揚げ・帯締め、長襦袢etc.セットのものも多いので、後始末も簡単という事からリピーターも増えています。 でも訪問着ならではの注意事項が、実はあるのです。今回は、知らないでレンタルすると後悔する・・・そんなチェックポイントをお知らせします。
着物ブログ

人気の着物買取にチャレンジ!そのメリットとデメリットは?

ネットでの着物買取、以前から興味はありましたが、実際に行動に移すのはためらいがありました。「着なくなった着物でも、いつかはまた着るかも知れない」「思い入れがあるので、売ったら後々後悔する可能性がある」なんて色々考えると、先に進まなかったのです。 残っている着物も少なくなってきたので、次は「宅配買取」をやってみました!
着物ブログ

人気の着物買取にチャレンジ!ショップによって違います

関西にある主人の実家で、着物買取で人気のお店に出張買取をお願いしました。結果は「超安!」です。CMなどでは「高価買取」と宣伝しているお店ですが、やはり何万、何十万もする買取の着物は、特別なものなのでしょうか? 実家に残っていた着物を関東の我が家に持ち帰って、再度買取にチャレンジすることにしました。その結果は?
着物ブログ

人気の着物買取にチャレンジ!ネットで検索したショップは?

皆さんは自宅にある「誰も着ない着物」どうしていますか?実は我が家にも急にそんな着物が出来てしまいました。数年前に主人の母が亡くなり、やっと最近遺品整理が始まったのです。主人は兄との二人兄弟なので、実母の着物に思い入れも少ない事から、多少着物を着る事がある私がすべて譲り受ける事になりました。 とは言っても、義母は小柄だったため、私が着るのには無理があります。帯留や帯締めといった小物は頂いて、着物は以前から興味のあった「着物買取」にチャレンジする事にしました。 そんな私の体験をご紹介いたします。
着物ブログ

ネット振袖レンタルと着物屋振袖レンタル どちらがお得?

女の子の憧れの一つが「成人式の振袖」とも言われています。普段、着物を着ることがない女子でも、成人式は別という方も多いでしょう。以前は大きな振袖フェアーで、大勢の人々の中、振袖を選ぶという事も多かったですが、新型コロナウイルス流行を受けて、大人数が一同に集まる機会は無くなりました。 安心できる着物屋さんでの振袖レンタルは、根強い人気がありますが、ネット振袖レンタルも増えてきています。それぞれのメリット、デメリットをお伝えしましょう。
着物ブログ

着物をレンタルする時、何に気を付けたら良い?

着物をレンタルするのも一般的となってきました。毎回色々な着物を着られるし、着た後の始末もレンタル店にお任せでき、何といってもリーズナブルな価格が魅力です。最近は、ネットで着物をレンタルできるショップも増えてきました。 今回はそんなネットレンタル着物店ならではのチェックポイントをお知らせします。
着物ブログ

着物は買った方が良い?それともレンタル?

着物をレンタルで着るという方も増えてきました。着物に慣れていないと扱いも大変ですから「レンタルは楽!」という話も多く聞かれます。特に最近は、コロナ禍で店舗に足を運ぶことを躊躇する事もありますよね。 今回は「着物は購入」VS.「レンタル」について考えてみましょう。
着物ブログ

成人式の振袖、あなたに合うレンタルショップはどこ?

成人式の振袖選び、最近は半数以上がレンタルと言われています。実は一口にレンタルと言っても、お店の形態によって様々で、内容も大きく違います。安いだけじゃない・・・後悔しないためのレンタル事情をお知らせします。
着物ブログ

自分に似合う振袖はどう選べば良いの?初めての振袖についてお答えします

普段着る洋服は自分で選びますよね。色やデザインは女の子なら、自分なりのこだわりもありますし、何が似合うかも分かっています。でも着物はどうでしょうか? 特に成人式の振袖となると、大切なイベントで着るものですが、どこを基準に選べば良いか分からない方も多いと思います。そんな振袖ビギナーの心配にお答えしましょう!
着物ブログ

目指せ「セカンド振袖」!「まま振袖」の新しい生きる道!!

お母様がご自分の成人式で着た振袖をお嬢様が着る「まま振袖」。近年人気が高まっていますから「是非 娘の成人式に着て欲しい」と願っていたお母様も多いでしょう。でも実際その時になると「自分の振袖が欲しい」と言われ、お嬢様が新しい振袖を選んでしまう事も少なくないようです。 「私の振袖は処分するしかないのかしら・・」なんてがっかりしないで下さい。今は「セカンド振袖」もあります。今回は2枚目の振袖「セカンド振袖」をご紹介しましょう。
タイトルとURLをコピーしました